フランスでF1を観戦するなら専用ツアーを利用しよう!

ウーマン

海外旅行を更に自由に

世界有数の観光地のハワイでは、レンタカーを借りることでさらに自由に楽しむことができます。日本で車を手配しておくこともできますし、現地で借りる事もできます。どちらにしても早目に準備をして、借り方などをきちんと調べておきましょう。

詳しく見る

F1

仏GPの復活

F1は、モータースポーツの最高峰に位置する自動車レースです。フランスグランプリが1990年代以来復活します。ミストラルストレートが有名な、高速サーキットです。南フランスは観光地もたくさんあり、F1以外の楽しみもあります。

詳しく見る

メニュー

免許証が必要です

カー

旅行先でも自動車が使えると便利ということもあり、レンタカーを利用する人は多くなっています。ハワイでもレンタカーがあると行動範囲が広がりますが、まずは借り方をよく理解しておきましょう。事前の予約は日本から行うこともできます。

詳しく見る

迫力のレースを観戦

レース会場

世界中の都市で行われるF1は、旅行を兼ねてツアーや個人で観戦する方が多く日本人からも人気です。フランスではしばらくF1が開催されていませんでしたが、2018年から開催することになり観戦希望者から期待されています。

詳しく見る

移動手段を確保しよう

旅行鞄

ハワイ旅行でレンタカーを利用すれば、旅行中の交通費や移動時間を節約しながら様々なスポットを見て回ることができます。予約は日本国内から予約サイトを通して簡単に行うことができるので、借り方に難しいところはありません。

詳しく見る

参加者は全員同じ趣味

フォーミュラカー

モータースポーツのツアー

F1は日本でも鈴鹿サーキットで日本GPが行なわれるなど、モータースポーツの中ではメジャーなレースといえます。F1をテレビで観戦するにとどまらず、現地で観戦する人も少なくありません。中には、海外にまで現地観戦する人もいるようです。しかし、海外では言葉も通じませんし、ホテルや観戦チケットを自力で手配するのは大変です。様々なツアー会社でスポーツ観戦ツアーを企画していますが、F1観戦のツアーを企画している会社もあります。2018年には、21のグランプリレースが開催されることが決定しています。中でも特筆すべき点は、フランスGP復活したことでしょう。フランスは、モータースポーツが盛んな国の1つで、4回の世界王者に輝いたアラン・プロストや日本人にもファンの多いジャン・アレジを輩出した国でもあります。これまで、最後にフランスGPが開催されたのは、マニークールサーキットでしたが、2018年はポール・リカール・サーキットでの開催になります。決勝レースは6月24日となっており、このフランスGP以降、本格的にレースの舞台がヨーロッパラウンドになります。フランスGPのツアーに参加する場合、どのくらいの費用がかかることになるのでしょうか。多くのツアー会社の場合、観戦チケットと旅行代金を合わせて20万円前後となっているようです。観戦チケットの料金や宿泊するホテルのグレード、飛行機の座席のクラスにより変わってきます。添乗員は同行しない会社が多いようですが、現地に住む日本人など日本語の話せる人が案内してくれるようです。また、レース観戦だけでなく、海外ウェディングや観光も可能なツアーが殆どです。F1の観戦ツアーは、普通のツアーとは異なり参加する人が全員同じモータースポーツファンという共通の趣味であるため、参加者同士で大いに盛り上がるようです。